報告がずいぶん遅くなってしまいました…。
先週末、渋谷・美竹の丘にて行われたシンポジウムに登壇してきました。
お聞きくださった皆様、ありがとうございました。

自分がドロップアウトした話や、そこからすったもんだ、悪あがきをしてきた話を、こういった真面目な集まりで話すなんて、人生何が起こるかわからないものですね…。

私は主に「やるべき事に追われて、自分が「やりたい事」を捨てないで」という事と、「問題を解決させずに、なあなあにしても良い」という事を強調してお話させて頂きました。
「どうしたい」ではなく「どうしたらいい」という中で行き詰ったり、「問題が解決できない自分は動いてはだめ」と思いつめている方はとても多いと思うのです。
それに対して、叱咤激励をする人はすでにたくさんいるはずなので、私があえて「まあ解決しないなら、それはそれで」と声を大にいて言う事で、「ああいうゆるい意見もあるんだな」と、後からでもふと思い出してもらえたら…なんて考えていました。

また、そういうのんびりした気持ちの一方、精神論から一歩踏み込んで、いま社会が抱えている具体的な課題について、登壇者の岡田旬子さん、冠地情さんらと共に、客席の皆様も交えて意見を交わせたのはとても刺激的でした。

絵でも本でもパフォーマンスでもない形でのイベントってたぶん初めてだったので、完全にフリーダムな気持ちで臨んだのですが、終演後、たくさんの方が声を掛けて下さったり、お役に立てたようでよかったです。

最後、壇上で「落ち着いていて、見るからに癒し系」と言われたのがハイライトでした。
良かった。この日のワンピースはにじ屋で300円で買いました。

fullsizeoutput_d87

写真は、イイトコサガシの冠地さん、今日お招き下さったvielfaltの久保さんと。(岡田さん、ご挨拶ができず失礼しました…)

死ななければ、失敗しても「その続き」がずっと続いています。
成功目指して死にたくなるより、失敗してもいーやと思いながら図々しく生きていけたらいいな。