口をつぐめば暴かれまい


ネガティブな思いがうわーと頭に溢れた時は、頭の中に急いで船着き場を建立、そこに手漕ぎボートくらいの船を付かせる。ボートには船頭さんみたいな人がいて、私が、考えたくないことをその人に渡すと、その人は「あいよっ!」とか言いながらそれを受け取って、どこかへと船を漕ぎだして行く。彼の行く先は、私の視野の外なので見えない。

というイメージを最近よく頭の中に思い浮かべる。茶化すスキル。積極的に忘れるための行為。

そのようにしても別にネガティブな思いが消えるわけではないし、「陽気な解離スキル」なんじゃないかという気もするが、その場しのぎであれ、その場が凌げているならまあいいかなと思ってやっている。


春くらいから、これまでより深いカウンセリングを受けていて、カウンセリングが進むにつれ、受け入れられない思いと自分の距離がとても近づいてきた。認めたくない話について考え、それを認められない自分を知る。そうすると、これまで認められなかった憎しみとか悲しさが「待ってました」とばかりに襲いかかってきて、潰れそうになってしまう。家族や先生のサポートがなかったら耐えきれないだろうなあ、とか思う。


そういう痛みに気づいても、まだそれを自分のものとは認められないのだから、往生際が悪い。認めることでさらにペシャンコになるのが怖いのだ。だから本当は苦しくなかったんじゃないかとか、頭が痛いのは低気圧のせいで、ふらふらするのはメガネの度があってないせいだから解離の発作ではなく、だからつまり私は詐病なんだとか、はっきりいって「逃げられるならなんでもあり」みたいな様相。豊富なバリエーションに我ながら感心する。


逃げきった先に見えるもの。それは、現実がめちゃくちゃになって呆然としている自分の姿だ。何の得もない。

せっかくお金を払ってカウンセリングにきてるのに、あまりに周到にのらりくらりと話を逸らすものだから、自分で自分が虚しくなって「何しに来たんでしょうね私は」と言って泣いてしまった。

でも、前からこんなふうに泣きたかったのかも知れない、とも思った。


逃げたいなあ、といつも思っている。忘れたい話は打ち消して、なにもない顔をしていられたらなぁと思う。

嫌な気持ちになったこと諸々を思い出すと大なり小なり「私が悪いわけじゃなかったのに」という思いが滲んでくる。それは他者や出来事への憎しみに繋がるのだけど、憎むことは疲れるから、私が変われば状況は変わるよね、うんうん、なんて言って問題の所在とイライラした思いをそっと、先述の「船頭さん」に渡すのだ。


カウンセラーさんから先日、「Tokinさんは『私は絶対悪くない』という考えを身につけることが必要なのでは」という提案を受けた。

例えば約束をすっぽかされたとか暴力を受けたとか、絶対に相手が悪い場合もあるし、時間とか環境とかでどうしようもなかった場合にまで「私にも落ち度があったんだ」と思わなくていい、それは自己肯定感を削いで行く、と。

過度にへりくだり卑屈になることで無難にその場をスルーしようというのは、なかなかどうして不誠実なんだな。

しかしながら、誠実であろうとしても、それは誰に向けた誠実さなのか?と考えるとやはりまた自戒につながっていく。「誠実な自分」を指針とした自己陶酔なんじゃないかという思いが頭をもたげてくるのだ。他人に向けたはずの憎しみはこうしてブーメランのように自分に返ってくる。


自己中心的に生きる!なんて、お気楽なようでいてかなり難しい。

「船頭さん」に渡したネガティブな思いはやはり、川に流れて行くのではなく一周回って私へ戻ってきているのだろう。それなのに「私はなんとかなってる」なんて自分で思ってるのだから滑稽というか、なんとなく虚しい。


ーーーーーーーーーーーーーー


なんだか暗くなってしまいましたが今後のイベント参加予定はこちらです。
万障お繰り合わせの上!ぜひぜひお越し下さいませ!


IMG_8717

「みじんこ洞 紙ものまつり」
イベントホームページはこちら

◆日時

2018年9月23日(日) 秋分の日  11:00〜16:00

 

◆入場料

入場料:300円(ワンドリンク付き)

※いろいろなソフトドリンクより選べます!

 

◆場所

主婦会館 プラザエフ 2階 レストランF (エフ) 

JR四ッ谷駅より徒歩1分

(東京メトロ 丸ノ内線より徒歩3分、東京メトロ 南北線より徒歩3分)


ーーーーーーー

IMG_8707「O.F.F. KAI」
 

■日時

10月27日 (土曜日)

15:30 開場 16:00 スタート 
19:00 終了


パフォーマンスとトークは17:30までの予定

DJタイム、ライブペイントの展示は19時まで行います

 

■チケット

前売り 2000円 / 当日 2500円

こちらの予約フォームよりお申込み下さい。

ご予約して頂いた後、指定の口座にチケット代を振り込んで予約完了となります。

 

■会場

shibaura house

JR 田町駅芝浦口より徒歩7分

都営三田線・浅草線 三田駅A4出口より徒歩10分

(ユニバーサルデザインのトイレあり)

 

■出演 

O.F.F.

アガイガウガ powered by SOCIAL WORKEEERZ 

・春沙羅-harusara-

 

・ライブペイントTokin

・DJ 徳永啓太