ワークショップのために、事前に行うご挨拶の文章を書いていました。
明日、会場で同じような事を話すのですが、ぜひ知って頂きたくてこちらにも掲載することにしました。

image

「垣根を乗り越える」へのご挨拶(と企画意図)

私は、解離性障害と、双極性障害という精神障害を持っています。
目に見えない障害なので理解を得る事が難しいのですが、「障害の理解」という時の「理解」が具体的に何を指しているのかを知る為、障害をモチーフにしたフリーペーパーや絵を制作しています。

そういう姿勢で活動をしていると、よく聞くのが「理解が得られないから遠慮してしまう」という言葉です。
大きな病気や障害がなくても、ちょっとお腹が弱いとか、頭痛持ちとか、近眼とか、みんな何かしらの体調の不自由さを持っているのだから、理屈で言えば「お互い様」なのに、何を不安に感じ、何に遠慮してしまうんでしょうか。

そこで、その漠然とした遠慮や不安を見えるようにしたら、乗り越え方がわかるんじゃないか?と思い、このイベントを企画しました。

前回は、「自分をわかってほしい気持ち」と「相手をわかりたい気持ち」の間にある垣根の乗り越え方について探りました。
その際「垣根の在り方はいろいろある」という話になった事から今回は、さらにクローズアップして、垣根そのものの形について探っていこうと思います。

今日、ここで実際に、いろいろな垣根を見て直に話す事が、他人の困難さを知るきっかけになればと思います。
「垣根を乗り越える」というタイトルですが、乗り越えられない垣根、乗り越えたくない垣根というのもあるでしょう。
でもまずは、「乗り越えられるかどうか?」を知って、見て、話してみませんか。

------------------------------------------
 
書いてみて思ったんですが、これって、もう少し早くブログに書いた方が良かったんじゃないでしょうか…。
 
ま、ま、迷っている方がいらっしゃいましたら、まだご予約を受付けておりますので、ぜひご参加下さい!!
一緒に、理解の仕方を考えてみましょう!

-------------------------------

垣根を乗り越えるvol.2 「病と社会」
11月13日 14:00-17:00

お知らせの一部で、曜日の記述が「土曜日」となっていました。正しくは11月13日(日曜)となっております。
ご迷惑おかけしてしまい、申し訳ありません。


会場: 信愛書店 杉並区西荻南2−24−15 (車椅子もアクセスできる会場)
参加費:500円(カンパ制)
予約:https://coubic.com/kosaten/151640
またはTokinへの連絡(メールフォームツイッター)にてご連絡下さい
(当日参加も可能ですが、なるべくご予約の上お越しください) 

--------------------------------------------------------------
その他のお知らせ
--------------------------------------------------------------

イベント
 
11月23日(水祝) 文学フリマ東京
会場:東京流通センター 第二展示場
東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
時間:11:00〜17:00
Tokinのブース番号:会場二階 エ-41
入場料・無料(イベント出店者カタログは先着・無くなり次第終了となります)

小説、詩歌、評論などの自主作品の即売会が「文学フリマ」です。私は絵本、マンガ、ドローイング集などを持って行く予定です
 
主催 文学フリマ事務局


同人・手作り本の作品
漫画「美しい瓶詰め」 
絵本「箱を巡る景色」
ドローイング集「endless nap」
夢日記「おやすみなさいの向こう側」
みじんこ洞ネットショップで発売中!
11/23の文学フリマへも持っていきます

原画展示販売中 
・渋谷・BOOKS9  
・吉祥寺・gallery/cafe terrace
 詳しくはこちら
 
フリーペーパー
精神障害の様子を勝手に報告するフリーペーパー
「ゾンビ道場」絶賛配布中!
配布店舗など詳細はこちら

-------------------------------

■11/3に行った、スーパー猛毒ちんどんvs成宮アイコ+タダフジカ+Tokinのライブの模様を雨宮処凛さんが取り上げて下さいました。

ハフィントンポストBLOG:
障害者はゴミでも天使でもない!  〜剥き出しの人間讃歌! 障害者のバンド「スーパー猛毒ちんどん」の衝撃!!


■当日のライブ動画はこちらで全編ご覧頂けます。