小さくてもいいから、毎日、絵を描いてみている。なるべく絵で考えを描く力をつけたく。
ドローイング未満のものや、ただのクロッキーもたくさん。

(て書いてる側から、文字が多いな…)

この間、見せるための絵じゃなく、苦しい、辛い、を絵に描いてみた。吐き出したいというだけだった。
でも、描き始めてみたらなんだかきれいな色に塗りたくなって、塗り終わったとき、ドロドロした気持ちがふっと昇華された感じがしたんだ。
それはお弔いみたいな、静かで、でも安心する、不思議な感覚だった。
(その絵は恥ずかしいから載せないでおくね…)

死んでも残るようにとか、いなくても作品が在るようにとかじゃなくて、生きるために絵を描きたいような気がした。これまであんまりそう考えたことがなかった。

自分のこと、周りのこと、全部投げ出したくなることがある。でもホントは投げ出したくないんだよ。
好きなものがあるから。そしてそれに対して誠実で居たいから。

大好きなものをずっと大好きと思っていたい。大事にしたい。
そう想う気持ちがある以上、自分があやふやになっても蒸発して消えることはないような気がする。
頭と心はわからない。でも、大好きなものを抱きしめるための手だけは持ってたいんだ。


展示、一昨日から開催中です。(明日、日曜日はお休みですのでご注意ください)

今回、体調の関係でDMなどでのお知らせが殆ど出来ておらず、申し訳ありません。
ぜひ作品に会いに来てもらえたら嬉しいです。