だだだ、大発表です!

「本を出したいぞ、本に近づくぞ!本に載るぞ!」
と、方々に言いまくっていた私ですが、3月10日に発行される「季刊Be!」118号より、連載マンガを担当させて頂く事になりました。
その名も
「たぶん連載マンガ:Tokinの当事者研究…ってほどじゃないけど!」

ask118page


「Be!」ってどんな雑誌?

サイトから引用させて頂くと…

本誌は1985年の創刊以来、回復とセルフケアのための情報を発信してきました
。旧題『アルコール・シンドローム』を'97年に『Be!』と改題。依存症回復者や家族、
AC、コミュニケーションの力をつけたい人、医療・保健・福祉・教育の専門家、
自助グループ参加者、リハビリ施設スタッフ、学生……さまざまな立場の人に信頼され、
読まれている雑誌です。


ということで、発行元のアスク・ヒューマンケアさんでは、この他にも、依存症や、アダルトチルドレン、メンタルヘルスについての書籍を発行されています。


以前、カットのお仕事をさせて頂いていたのですが、私は連載途中で入院してしまったという前科があり、ご連絡を頂いた時は
「私のような者でも拾って下さるのですね…」
という気持ちで、かなり驚きでした。

「体調が悪くならない範囲でやりましょう!無理なら無理で大丈夫です!!」
という優しすぎるご配慮から提案して頂いたのが、この「たぶん連載」という驚きの枠!
や、優しすぎます…。

-----------------

こんな事を描いていくよ

内容は、タイトル通り「当事者研究」的なものです。
ゾンビ道場と同じようなノリで、病気と付き合う中で考えた事や、発見してウケたネタなどを、お届けします〜。

 
季刊[ビィ]Be!118号
アスク・ヒューマン・ケア
2015-03-10

 
ご購入は、Amazon、またはアスク・ヒューマンケアのサイトからどうぞ。
連載を頂くのなんて、本当に久しぶり!
みなさま是非是非よろしくお願いします〜!