展示に向けて制作をせなばならない、何を作るのか。
と苦悶しつつ、答え出ず、出ぬまま夕刻に。

「素敵な場所には素敵な神様がいて、私に創作のエッセンスを与えてくださるに違いありません」
と喫茶店へ赴いて黄昏てみましたが、窓の外を行き来するサラリーマンから

「俺らはもう仕事終わってんだぜ」

という無言の圧力を感じて焦燥感に駆られただけで、特に神様は降りてきませんでした。
悲しかったです。


だから私は、しっかり栄養をとって制作に向かおうと思ったんです。
制作の進行は心の栄養。心にの栄養、体に栄養。エナジー、エナジー。

だから特売だったカキフライを買って帰ったんです。
実際、その後は割と作業が捗ったんです。


でも歯磨きしに洗面所行ったら、新しいニキビを顔に発見したんですよ。
「なんなんだ」って思ったね。

美肌について、誇らしげにブログに記したのは二日前じゃないか、と。
何がカキフライだ、と。
肌が良いと心が良い、運動は肌に良い、っつってさ、
揚げ物買って帰ってきたらチャラじゃんwwwww

浅はかすぎて、ちゃんちゃら笑っちゃいますよね。
あー、可笑しい、可笑しい。

おかしい…
おかしいよ、こんなの…
(ふりだしに戻る)